スマートフォンの機種を調べて新しい発見を探そう!

当時のリアル

アメリカ国内でのみの発売ながらも、前面タッチディスプレイという斬新なフォルムが世の中のガジェット好きを震撼させた初代iPhone。現に、当時のアメリカでも行列が出来るほどの歓迎ぶりで、日本での発売も今や遅しと待たれていたのです。1年もの間待たされていたガジェットマニアの期待値はかなり高まっていたと言われています。

そして、通信方式の問題を解消した2代目iPhoneである「iPhone3G」が2008年7月11日に発売となると、当時独占販売契約を結んでいたソフトバンクモバイルショップや家電量販店などに大行列が出来ました。この様子は各媒体のメディアで大きく取り上げられ、iPhoneは一躍流行のアイテムとして話題となったのです。

しかし、iPhone3Gには問題が多かったということも事実です。まず、文章のコピー・ペーストができなかったり、音楽を入れるためにはパソコンにいちいち接続しなければいけませんでした。そのうえ、他の携帯電話に比べて価格が割高だったため、ガジェットマニア以外の一般層には普及し切れなかったというのが正直なところでしょう。むしろ、iPhoneを本当の意味で普及したのは「実質0円キャンペーン」かもしれません。