スマートフォンの機種を調べて新しい発見を探そう!

メーカーの迷走

iPhoneが次々に世間に受け入れられ始めると、スマートフォンは一気に市民権を得ることとなります。当然国内キャリアも黙っていません。NTTドコモは2009年にHTCの「HT-03A」をリリースします。Androidスマートフォンをいち早く手掛けていたHTCのスマートフォンですが、当時の機種は今とかなり違っていました。

まず、本体の下にトラックボールが仕込まれており、こちらで操作をすることが可能でした。また、iPhoneがホームボタンひとつだったのに対してHT-03はボタンが6つ。かなりゴテゴテとしたルックスになっていたのです。このように、当時のスマートフォンはスタイルが定まっておらず、むしろメーカーサイドが自分たちで新しいスタンダードを作ろうと迷走していた時期だと言えます。

しかし、このようなメーカーサイドの思惑とは裏腹に、iPhoneのシンプルかつ独創的なインターフェースの牙城が崩れることはありませんでした。むしろ、iPhoneの使用方法がスマートフォンの利用スタイルとして定着していくこととなり、Androidスマートフォンのインターフェースもそれに追従していく結果となります。こうして、スマートフォンのイメージが日本人に定着していったのです。